ヴィトックスαで増大できる理由が知りたい!

ヴィトックスαはペニス増大サプリとなっているわけですが、
どのような仕組みで大きくなるか知りたいところです。

漠然とサイズアップができるといわれても、
にわかに信じがたいというのが本音。

私はヴィトックスαで4.1cmの増大に成功しましたが、
大きくなる仕組みには、3つのシステムがあったようです。

では、ヴィトックスαでペニス増大が起こる仕組みを書きたいと思います。

日本人向けに改良されているから

調べてみてわかったことですが、
ヴィトックスで増大できる根本的な理由は、日本人向けに改良されているからです。

実はヴィトックスαはアメリカでは名の知れた製品で、
抜群の販売実績を誇っているんだそうです。

ただ、アメリカで販売されているものを日本人がつかっても、
あくまでアメリカ人向けに作られているため、さほど効果が得られないんだとか。

これを何とか改善しようと誕生したのが、
日本人向けに改良されたヴィトックスαだそうです。

その他の増大サプリでは見られない、
独自の増大システムがあるとのことですが、

一体どんな内容になっているのでしょうか?
これについても詳しく調べてみました。

システム1: 「基礎部分のサイズアップ」

ヴィトックスαでサイズアップができる理由のひとつとして、
基礎部分のサイズアップが挙げられるみたいです。

ペニスを増大させるために欠かせないのは、
「海綿体」と呼ばれる箇所だそうです。

ヴィトックスαには海綿体に作用する成分が含まれているため、
基礎的な部分、つまり見た目の大きさが実現するとのこと。

基礎部分が大きくなれば、ペニス全体を大きくすることができるので、
そもそもの規格をサイズアップできるみたいです。

システム2: 「各細胞が大きくなる」

先に説明したシステム1の影響によって、
ペニスの基礎部分がサイズアップします。

ということは、それによって各細胞も大きくなります。

そうなると、大きくなったペニスの規格に適応するために、
さらに各細胞が大きくなるみたいです。

これによって密度が高まって、
大きさや長さだけでなく、硬さや張りも加わるとのこと。

まさにタフになっていくイメージだと思います。

システム3: 「勃起力が向上する」

システム1.・2の影響以外にも、ヴィトックスαに配合された成分によって、
ペニス内の血流量、血流速度が高まるようです。

これによって勃起している時間が延びるだけでなく、
回復力も向上すると、ヴィトックスの公式サイトに書かれていました。

つまり、大きさだけでなく勃起力も加わるようです。

ヴィトックスαは、これらの3つのシステムによって成り立っています。
こうやって仕組みを理解すると、何とも男らしいサプリということがわかります。(笑)